秋祭りの準備

2013年11月16日   |   agriart   |   こだわりのお米, 農園日記, 農家の台所

地元の神社の秋祭りで奉納する餅を地元の有志で作ります。

主に餅まき(こちらでは「せんぐまき」と言います)に使う餅づくり。


蒸し器に入っているのは地元の小学生が「田んぼの学校」で作った餅米。

もうひとつは生目古墳公園内にある水田に作付けしている黒米で作った餅です。


蒸し上がったら餅つき器でつき上げます。

こちらは黒米餅。


続いて岩戸もち


今年の餅は実に滑らかな仕上がりでした。


つき上がった餅を切り餅にしていきます。


そして完成。

食紅を使わずに素朴な色ですが、誇らしく思います。

アーカイブ