本物のたたき 〜炎の舞らくい〜

2011年11月12日   |   agriart   |   農園日記

本日は新しくオープンした『炎の舞らくい 宮崎駅フレスタ店』にお邪魔してきました。

ここは宮崎駅東口の人気店『炭火串焼 らくい』の姉妹店です。

「炎の舞」の名のごとく、こちらでは「藁(わら)焼き」が味わえるのです!

『たたき』と言えば本来は稲わらで炙ったものを言うのですが

普段我々が飲食店等で食べているものはガスバーナーで炙ったものが殆どだそうです。

本来の藁で炙った独特の香り、風味が味わえる貴重なお店が宮崎に登場しました。

早速、下の写真が炙り焼きの様子です。厨房では職人さんが目の前で腕を振るいます。


炎の迫力と光はまさにエンターテイメントです。


こちらが本物の「鰹のたたき」

ニンニクとわさびを乗せ、天然塩をひとつまみ。

藁の何とも香ばしい風味が絶品です。


こちらは「地鶏のたたき」

こちらも薬味をのせて塩でいただきました。

シンプルな食べ方はやはり素材の味が引き立ちます。

「吸い口」という言葉がありますが、藁も似たような効果があるのだなと

藁という新たな素材の魅力に感激した、そして美味しい夜でした。

ちなみにこの炙り焼きの藁ですが、当社の無農薬藁を使用して頂いております。

ミルキークイーンもお召し上がりいただけるので是非一度ご賞味ください。

アーカイブ